So-net無料ブログ作成

偽物 [海外情報]

購入DVD.jpg 私は中国に出張する時、時々DVDを購入してくる。理由は云うまでも無く日本で購入するより安いからである。

 知っての通り、DVDとそれを再生する機器にはリージョンコードなる物があり、日本は2、中国は6と決まっている。DVD店2.jpgこれはDVDの再生可能地域を限定しているのだが、私はかって中国でリージョンコード6が付いたDVDを見たことが無い。つまり中国で売っているDVDはすべてリージョンフリーで、どの国の機器でも再生できる。では、中国で売っているDVD再生機器はどうかと云うと、これもすべてリージョンフリーである。以前、私は中国でDVDプレーヤーを購入したことがある。購入する時、店員にこのプレーヤーはリージョン2の日本で使えるかと聞いたら、何を云っているんだと笑われた事があった。コピー版DVDの棚.jpg

 すなわち、中国で売っているDVD(最近はBDVも売っている)は、すべてリージョンフリーで、どこの国の機器でも再生できる優れものであり、そしてディスクのほとんどはコピー版である。これらのディスクでもランクがあり8~20元(120~300円)と値段も違う。最新DVD.jpg

 中国の大きなDVDショップには、必ずと言っていいほど日本版のDVDが有る。それらのDVDのほとんどは、日本で売られているDVDのコピーと思われるが、中には日本でも発売されていないTVの連続ドラマをDVDにした物もある。

 そもそもこの国の多くの人々は、ビデオテープなるものを知らず、VHSや8ミリビデオを知る前に、いきなりDVDを購入した人たちである。街にはDVDのコピーが溢れており、自分で映像を録画すると言うような習慣は無い。従ってこの国では、ほとんど録画用の機器は売れておらず、再生機器がメインである。もし日本でも録画した映像が近所のショップで安く売られていたら、わざわざ高い録再機器を買う人は少ないかも知れない。

 偽物というのは、本物があると知っているからそう呼ぶのであり、もし本物を知らなかったら、偽物とは呼ばれないのでは。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

東莞雑記 [海外情報]

 中国アパート 005.jpg最近中国の深せん、常平、東莞を訪問したが、その変化は相変わらず激しい。

数年前、深せんでは当たり前だったタクシードライバーの保護用網が、今はほとんど見られない。それだけ深せんは安全になったのだろう。走っている車も新車が目立ち、メイン道路はシンガポールのように整備されており、ごみ一つ落ちていない。ただし、ごみが無いのはマナーが良くなったわけではなく、掃除する人を多く雇っているだけだが。

TAX.JPG反面、深せんのような大都市から少し外れた東莞などは、まだまだ治安が悪いのかタクシーのほとんどがドライバー保護用の網を付けて走っている。不思議なのは、現地の人がTAXに乗る時、後ろの座席に乗らず、わざわざ運転席の隣に座るの事だ。現地の友人に何故か聞いたら、景色が良いからとの答えが帰ってきた。

この街では、タクシードライバーが被害にあうだけではなく、常平夜.JPG当然だがTAXに乗った乗客も被害にあう。最近同僚がシロタクに乗ったところ、知らない場所に連れて行かれ、スタンガンで脅されて現金や貴重品を奪われたとの話を聞いた。シロタクは被害にあうリスクが高いのも事実だが、公共のTAXでも夜になると偽者がいるので安心できない。心配ならホテルやお店の人にTAXを呼んで貰うのが良いだろう。

それでは、そんなに物騒かと言えばそれほどでもなく、夜遅く人通りがある通りを歩いているぐらいでは滅多に犯罪に巻き込まれることはない。常平昼.JPGただし日本のように、女性が口の開いたバッグに財布や携帯を入れて歩いたら、ここでは間違いなくスリに逢うので注意が必要。

昼間の街は、ビルが建ち並ぶ道路沿いで果物や花を売る屋台が並び、どこかの店から“歡迎光臨”と呼ぶ声がする私の好きな街である。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。