So-net無料ブログ作成

懐かしきベルギー続編 [海外雑記]

  車を路肩に寄せて駐車させ、高速から周りを見渡すと、遥か遠くに教会の塔が見えたので、助かったと確信し近くの出口から高速を降り、教会の塔を目指して車を走らせました。フランス教会1.JPGところがしばらくすると、なんとガソリンが切れエンジンが止まってしまいました。しかたなく車を降りて周りを見ると、見渡す限りの田園地帯、人も居なければ車も走ってない。絶望のどん底に一気に蹴落とされました。』

そう云って、困りましたよと言う顔をM君に向けると、

『それで、どうしました続けて。』とM君が促す。

『歩きました、遠くに見える教会の塔を目指して。心の中では“神様お助けくださいって”祈りながら、塔を目指してただひたすら歩きました。普段は神様に祈ったことなど無いのに。』と言って私がテレ笑いをすると、

M君が『困ったときの神頼みですね。』と笑った。

 『30分ぐらい歩いたところで、小さな街が見えてきました。徐々に心の中に安堵感が広がってきました。街の入り口にガソリンスタンドが見えたんです。助かったと心の中で叫んでガソリンスタンドへわき目も振らず歩きました。』

 M君はうなずき、『よかったですね、本当に。でも言葉通じましたガソリンスタンドで、フランスですよねその街? フランス人は英語知っていても、しゃべらないって言いますからね。』と聞いてきた。

『そうだね、フランス人はプライドが高く、母国語を世界一美しい言葉と思っていますからね。でも昔はともかく、最近はフランス人も英語を話しますよ。』と私は答えて話を続けた。

 フランス田舎の夕日.jpg『英語で喋っているつもりだが、実際は何を喋っているのか自分でも分かりませんでした。身振り手振りも交えて必死に自分が陥っている窮地を伝えたところ、何とか状況を理解してくれたガソリンスタンドの店員が、ゴミ箱に捨てられたポリ容器を拾いガソリンを入れて渡してくれました。私は何度も何度も“Merci,Merci”と頭をさげ、2リットルほど入ったポリ容器を抱え、再び来た道を車に向かいすたすたと歩きはじめました。ふと見渡せば、緩やかな丘陵の道は夕日が沈みかけていました。トラブルが無ければ、すばらしいフランスの田園風景でしたが、私には景色を楽しんでいる余裕など有りませんでした。道は街灯など無く、日が沈んだら暗黒の世界に変わるのが想像できました。まずい、そう思うと同時に歩く速度をさらに早め、車目指して再び必死に歩きました。』

私は、その時の状況を思い出すように目を天井に向けた。

『大変な目にあいましたね。』とM君。

『ええ、あの時の心細さは今でも覚えていますよ。』と云って、私はコップに残ったビールを再びゴクリと飲んだ。


懐かしきベルギー [海外雑記]

 M君アパート室内.jpgオランダに赴任しているM君と夕食を近くのレストランで済ませた後、M君から『アパートに戻ってチョッと飲みますか』と誘ってくれたので、再びM君のアパートに戻りサラミを摘みにビールを飲むことになった。 ビールを私のコップに注ぎながらM君が、『ナガさん以前ベルギーに長期出張していましたよね。どのくらい居たんでしたっけベルギーに、どうでしたベルギーは?』と聞いてきたので、『5ヶ月半ぐらいかな、出張した時期が悪くてね、12月下旬。寒いし、暗いし、言葉は通じないし、道は分からないし、観光地はどこもクローズしてるし、ブリュッセルに着いた当初は最悪でしたネ。』と答えると、ブリュッセル 石畳.jpg『12月下旬では、クリスマスも終わっているし、一番悪い時期に来たんですね。』と同情するようにM君が頷いてくれた。『あの時は前任者との引継ぎが1週間しかなくてね、生活するのに必要な最低限の場所を教えて貰うのが精一杯でしたよ。』と私は話を続けた。『そうそう、日本で購入した新しい靴を履いていたんですけど、ブリュッセルの道って石畳が多いでしょう、1週間で足に豆ができて石畳の道を歩くと痛いの何のって、最後には豆が潰れて血まで滲み出してきて散々でした。』『それは大変でしたね。』と益々同情してくれるM君。『ベルギーはご存知のとおり、オランダ、ドイツ、フランス、ルクセンブルクと国境を接しているし、イギリスともドーバー海峡を隔てて隣です。ベルギー地図.jpgだからブリュッセルにはEU本部やNATOなどがある。便利なんですね、それらの国に行くのには。1週間に1回は行きましたね車で、今週はドイツのケルン、来週はフランスのパリ、次の週はオランダのアムスって感じ、多いときには1週間で3カ国回ったことも有りますよ、どの国も日帰りで行ける距離ですからね。ちょっとフランスのパリまでは遠かったかな、朝早く出発しないと帰りがすごく遅くなってしまう。』と私が云うと、『ユトレヒトからだとケルンは行けますけど、パリまではチョッと遠いですね。日帰りは難しいな~』とM君。更に『車は何に乗ってましたか?』と聞いてきたので、『Audiでしたね、会社が借りてくれた。』と答えると、『いいな~僕はオペルですよ』とさも羨ましいと云う顔をした。 フランスとベルギーの国境.jpg『そうそうパリまで行くときは、普段はベルギー国境でガソリンを満タンにするんですけど、ガソリン入れるのを忘れてしまった時があったんです。パリから帰る高速で、ガス欠になってしまった。しかも携帯電話も忘れてしまって。』『え~、それは困ったでしょう』とM君。『参りましたねあの時は。パリからブリュッセルの高速、ガソリンスタンド少ないんですよね。』『どうしました、それで?』とM君が聞く。私は注がれたビールを一口ゴクリと飲んで話を続けた。

(続く)


nice!(42)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オランダ続編 [海外雑記]

 ホテルにチェックインした後、まだ時間が早いのでユトレヒト郊外にあるM君のアパートアパートベランダから.jpgに招待された。『外観を見ると一見日本のアパートに見えるけど、日本のアパートと違い、完全に各部屋は独立してるんだね。』と私が云うと、『そうですね、こちらのアパートは共通の階段や廊下なんか無いんですよ。長屋式集合住宅ってとこかな。その代わり各部屋、間口が狭く階段が急なので大きな家具が入れられないんですよ、だからどこの家にも窓側の屋根の軒下に家具を吊り上げる滑車(クレー)がついているんです。』と教えてくれた。Utrecht.jpg

M君の部屋は2ベッドルームで家具付きだったが、日本に比較すると十分な広さがあった。私が、『人口密度が高い国のアパートとは思えない広さだね。』と云うと、『ダムで海を塞いで作った国土ですから、平地が多いんですよね、日本と違って有効利用できる土地が多いんじゃないですか。都市の近くでは通常の家と別に、運河にボートを停泊させたまま家として使うボートハウスもあるんですよ。』と説明してくれた。

『いい部屋だね。』と私が部屋を見回しながらほめると、『一人で住むには十分な広さです。』とM君が答えた。『食事はどうしているの、外食?』と聞くと、『朝は近所のパン屋からパンを買ってきて、ハムと目玉焼きを自分で作ります。昼は会社の食堂で食べますから、夜だけ外食だったり、自分で作ったりですかね。』 私が、『そういえば、オランダの会社の食堂、パンと野菜とハムとチーズ、あとは濃い、普通、薄いと3種類ある牛乳が飲み放題でしたよね?』自転車専用道路.jpgと思い出して確認するように聞くと、『そうなんですよ、毎日同じメニューでさすがに飽きますね。でも会社の人達ぜんぜん平気みたいで、人によっては野菜やハムは会社の食堂のものを食べるけど、パンだけは自分の家から持ってくる人もいるんですよ。日本ではありえないですよね、パンだけ家から持ってくるなんて。』と、さも不思議そうな顔を私に向けた。『オランダ人は基本的にジャガイモが主食ですよね。あとは牛乳とチーズ、ハムと野菜をよく食べる見たいですけど、大きいですよね背が。』と私が云うと、『ええ、なんと云っても平均身長は世界1位ですから、でも性格は温厚と思うんです、ドイツ人なんかと比較すると。』とM君。私はうなずき、キンデルダイク風車.jpg『以前私がベルギーに滞在していたとき、フランスやドイツ、オランダに車でよく行きました。なれない道なのでもたもたしている時など、フランスではずいぶんクラクションを鳴らされたけど、オランダ人はほとんどクラクション鳴らさない。人種が違うんですよね...』と私が云うと、『ええ、オランダ人はゲルマン系が多いと思いますが、フランス人はラテン系が多いと聞いています。人種違いますね。そうそう、車といえば、この国では交通手段として自転車を愛用している人が多いんですよ。国を挙げて自転車を奨励している事もあり、都市部から田舎まで、自転車専用道路があります。国中アップダウンが少ないので自転車はいい交通手段なんでしょうね。』と話してくれた。Scheveningen.jpg『観光はどこに行きましたか?』と聞くと、『チューリップで有名なキューケンホフ公園や風車で有名なキンデルダイク、ザーンセ・スカンス、村人が民族衣装を着て木靴を履いているマルケン島なんか行きました。』私は、そうですかとうなずいて『僕も以前、いろいろ観光地には行きましたが、行けなかったところがあります。』とM君に云ったところ、『どこですか?』とM君が食いついて来たので、『国際スケート連盟発祥の地。』とヒントを出した。『ああ、ヌーディストビーチがあると言われているスケベニンゲン(Scheveningen)ですね。』と云ってM君はニヤリと笑った。


オランダ [海外雑記]

 ハンガリーからの帰り、仕事の都合でオランダに寄ることになった。Schiphol空港.jpgオランダを訪れるのは初めてではなく、数年前にベルギーに半年滞在していたとき、何度か車で来た事がある。オランダといえば風車とチューリップは有名だが、農業だけでなくダイヤモンドの研磨技術は有名だし、フィリップスなどの多国籍企業もオランダが本拠である。

 運河Amsterdam.jpg私をスキポール空港まで迎えてくれたのは、オランダに単身赴任している後輩のM君だった.。彼は昨年からオランダのユトレヒトに住んでいるが、赴任前は私と同じ職場で仕事をした仲である。『お疲れさま!!』と云ってにこりと微笑み、私の旅行バックを持ってくれた。到着ロビーから外に出ると旅行バックを私に戻し、『チョッとここで待っててください』と云って小走りに駐車場へ向かって走って行った。

 堤防.jpgアムステルダムからユトレヒトまでは30K、車で約40分ぐらいだが、以前車でアムスまで来たときはスキポール空港近くで、飛行機が車の真上を交差して移動するところを見た記憶がある。また6車線の高速道路が割れて上がる跳ね橋があり、その時間にあたって待たされた事もある。

 『久しぶりですかオランダは?』とM君に聞かれ、『ええ、懐かしいですね』と何気なく答えた後、『もうオランダには慣れましたか?』とM君に聞き返した。『う~ん、全体的にのんびりとして良い国なんですけど...』と意味深に答えるM、『単身赴任では退屈でしょう』と畳み掛けた。跳ね橋3.jpgするとM君は、『ご存知のように、この国では特に生活するうえで困ることはないし、休日は美術館や観光地を回ってそれなりに楽しんでいます。何といっても画家ではレンブラントやゴッホを生んだ国で、音楽ではロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団を有する国ですから。たまにはコンサートへも行きます。あとはゴルフかな』との答えが帰ってきた。『オランダのゴルフ場ってアップダウンがなく平坦でしょ?』と聞くと、『国土の1/4をダムで干上がらせて作った国ですから、国中平坦ですよ。そんな国のゴルフ場なので易しいかと誰しも考えるんですが、アップダウンが少ない反面、池が多いんですよ。さすが運河の国ですね。』とハンドルを握り、目は前方を見据えたまま苦笑いした。飾り窓Amsterdam.jpg

 『そういえばこの国、日本では法律で禁止されていることも、許されているものがありますよね』と話を向けると、『ええ、たとえば売春は合法的に行われているし、大麻も限られた店では認められていますね。アムスには有名な飾り窓もあるし、ユトレヒトでも地元の人相手のボートハウスがあります。飾り窓は私も見に行ったことがありますが、ショーウインドーに生身の女性が下着姿で立っている。女性を照らすライトも特別なんですかね、綺麗なんですよ』とチラッと私を見て続ける、『日本とはまったく考え方が違いますね。ミッフィー2.jpg彼女達は自主的に商売をしており、立派なサービス業なんですね。感覚的には食事を提供するレストランと同じなのかな、お腹が空いている人がいるから食事を提供する。だからこの国では性犯罪も少ないようですし、彼女達には定期的なチェックが行われているので性病の感染率が低いんだそうです。』 私がなるほどとうなずくと、『いろいろな考え方の人がいますから、この国では法律で無理に縛らず、個人の責任に任せているんですよね』と説明してくれた。

 そんな話をしているうちに、車はミッフィーで有名なユトレヒトのリングに入り、ホテルに近い出口へと向かっていった。(続く)


nice!(13)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。