So-net無料ブログ作成

懐かしきベルギー番外編(落し物) [海外雑記]

 ブリュッセルは、街の1/4が森や公園で緑が多く、市庁舎Bruxelles.jpg私の住んでいたアパートの近くにもエンゼル公園という名の大きな公園があった。私はベルギーの生活に少し慣れた頃から、朝早く起きてジョギングをしだした。なぜなら、ブリュッセルにある会社の昼食は、大きなお皿に肉料理と、ごっそりと盛られたフリッツ、さらにスープと食べ放題のサラダやパンが出され、毎日食べていたら確実にメタボになってしまうボリュームだった。しかし、朝のジョギングを始めた最初の日、私はとんでもない災難に見舞われた。

 冬のブリュッセルの日ノ出は遅い、8時半ごろやっと明るくなってくる。私は、ウインドジャケットに身を固め7時頃アパートを出た。外はまだ暗い、街灯の明かりが頼りだ。既に何度か自宅から公園までのジョギングコースは調べておいたので、軽い柔軟体操を済ませた後、犬のウンチ清掃員.jpg早々に走り出した。ほとんど人通りが無い静まり返った夜明け前の街では鳥の声も聞こえない。時々遥か遠くで犬の遠吠えが聞こえるぐらいだ。私は快調に冷たい風を切りながら公園を回り、もと来た道を戻りだした。

 犬の糞の始末を呼びかける看板.jpg突然、グニャっと嫌な感触が右足裏に伝わった。“ん、泥でも踏んだかな”と思いつつも、まだ道は暗く止まらなければ確認する事ができない為、そのまま無視して走り続けた。時々犬を連れた人とすれ違うが、それ以外はほとんど人ともすれ違わない。

 アパートがある通りに辿り着いたところ、作業着姿の人が、なにやら道路の所々を掃いているのが見えた。ごみでも拾っているのだろうかと思いつつ、横目で見ながら走り抜けた時、今度は左足に先ほどと同じグニャっと云う感触が伝わった。“え!! 何だろう”と思い、その場で止まりジッと目を凝らし足元を見た瞬間、目に衝撃が走った。小便犬.jpgなんと、踏んでしまったのは、“糞”である。うわ~と思いながら左足の靴底を道路の石畳にこすりつけ、ふと先ほどの作業着姿の人を見た。今度ははっきり見えた。作業着姿の人は小さなスコップと柄の付いたゴミ箱で、あちらこちらに放置された犬の糞を拾っていたのだ。 

 犬の糞を捨てるBOX.jpg後で聞いた話だが、ベルギーやフランスでは犬を散歩に連れて行くとき、犬が落とした糞の始末をする人はほとんどいない。従って朝の歩道には、たくさんの犬の糞が落ちている。ベルギーでは「犬の糞を踏むと良いことがある」という迷信があるそうだが、踏んでしまった人へのせめてもの慰みからとも云われている。犬を飼っているフランス人が「私が拾うと、お掃除の人が職を失ってしまうでしょ」と云ったとの話も有る。

 ベルギーでは犬を連れて歩く人が多く見受けられるが、犬の躾はいたって良く、日本のように犬に飼い主が引っ張られている光景はほとんど見ない。犬もおとなしく、主人が買い物をしている間などジッと座って主人を待っている。そのような“フランダースの犬”の舞台となった国で、犬の糞の始末だけはマナーが無いと言うのは、犬の躾と同じように飼い主の躾も確り行って欲しいものである。...

┐('~`;)┌ 


nice!(261)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

懐かしきベルギー続編(アントワープ) [海外雑記]

 『他にはどこがいいですか?』とM君。アントワープ市街.jpg

 『他には、ルーベンスとフランダースの犬で有名なベルギー第二の都市アントワープ、それにブルージェと並んで中世フランドルを代表する都市ゲントがいいですね。』

 『アントワープには、何回か行きましたけど、英語が結構通じるんですよ。ブリュッセルはフランス語圏で、ステンドグラス.jpgあまり英語通じませんけど、アントワープはオランダに近いのでオランダ語圏です。オランダもそうですけど、フランス語圏に比べると英語が通じましたね。アントワープはダイヤでも有名で、取引所や鑑定機関、ダイヤ専用の銀行なんかがあり、中央駅周辺はダイヤモンドを売る店がたくさんありました。ただ出張者がお土産で買うような値段ではありませんでしたけどね。』

 『それからアントワープには、ネーデルランド最大のゴシック教会ノートルダム大聖堂があります。中には有名な絵画が多くあり、大道芸人.jpgフランダースの犬のネロ少年が最後に見るルーベンスの絵“キリストの降架”や“キリスト昇架”もここにあります。感動のラストシーンの舞台ですね。』

『この教会のステンドグラスはすばらしく綺麗で、一見の価値がありますよ。またノートルダム大聖堂の前では、いつも大道芸人がいて訪れる人を楽しませてくれます。モニュメントの大道芸人は、瞬きもせずまったく動かないんですけど、コインを投げるとギョロっと目が動くんです。最初はビックリしました。』 フランダースの犬.jpg

 『最近、ベルギー赴任者から聞いた話ですけど、ノートルダム大聖堂の前に日本語で書かれた記念碑が出来たそうです。ベルギーの日本人会がフランダースの犬ネロ少年を記念して作ったそうですけど、石でできた低い記念碑で、観光客が記念碑とも知らず石の上に立って記念撮影をするそうです。そもそもベルギーではフランダースの犬そのものがあまり知られておらず、最近この記念碑にトラックがぶつかり、日本語で書かれた“友情の証”部分が壊れてしまったそうです。ベルギーやオランダは、日本と同じ立憲君主制ですから友情は苔のむすまで長く保ちたいですね...』


nice!(253)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

懐かしきベルギー続編(ブルージュ) [海外雑記]

 『見物するところや、美味しいものがたくさん有っていいな、Bruges.jpgブリュッセルは』とM君が羨ましいといった顔を向けたので、

『食事はヨーロッパ一美味しいと言われていますから色々食べましたけど、観光は最初の頃、冬でしたからどこにも行きませんでした。アパートに居る限り寒くは無かったですけどね、セントラルヒーティングでしたから。部屋中どこでもポカポカで、洗濯物が室内でも良く乾いたな。選択物を外に干すのは禁止でしたから助かりました。』ブルージュ.jpg

『暖かくなってからは行ったんでしょ、いろいろ』

『ええ、仕事ではオランダ、ドイツ、フランス、それにイギリスやアイルランド、イタリア、スペイン、ポルトガル、オーストリア、デンマーク、フィンランドまで行かされましたね。ただ、仕事で行ったので飛行場とオフィスしか見てませんが。生活に慣れた頃から休みを使って、ベルギーやフランス、ドイツ、オランダ、ルクセンブルグ、スイスなどの観光地に車で行きました。』ブルージュの路地.jpg

『いろいろ行きましたね半年間で、どこが良かったですか?』

『そうですね、行って良かったと思ったところは、やはりパリとウイーン、それからスイスかな。』ブルージュのレースショップ.jpg

『ベルギーは、ブリュッセル以外にどこがいいですか?』

『ブルージュかな、“水の古都”中世の街がそのまま残ってますよ。鐘楼やブルク広場などは観光客がいますけど、一歩裏通りに入ると人気がないひっそりとした路地が多く、中世に迷い込んだ気分になります。煉瓦造りの家々の窓にはレースや陶磁器が飾ってあり、ヨーロッパの他の街とはちょっと違う雰囲気があります。ブルージュの冬は霧がよく出て、死の都とも呼ばれているそうです。私も冬に訪れたので観光客も少なく、ローデンバックの小説「沈黙と憂愁に閉ざされ、教会の鐘の音が悲しみの霧となって降りそそぐ灰色の都...」“死都ブルージュ”を見ることができました。バゲットサンドイッチ.jpg

 

 『そうそう、ブルージュでカフェに入ったんです。ちょうど昼食時で、軽く済ませようとバゲットサンドイッチとミネラルウォーターを注文しました。水よりビールのほうが安かったんですけど車で来たのでね。まあ観光地なんで高いのはしょうがない、味もそこそこだろうと思いつつ出てきたバゲットサンドを食べたら驚きました。これが旨い。バゲットは時々食べていましたけど、この硬いパンにバターを塗り、レタスやセロリ、玉ネギ、トマト、生ハムをはさんでマスタードやマヨネーズをかけたブルージュのバケッドサンドは本当に美味しかった。同じようなサンドを他でも食べましたけど、あのブルージュで食べたバゲットサンドが一番美味しかったな...』

 そういうと、私はごくりと生唾を飲んだ...


nice!(264)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

懐かしきベルギー続編(グランプラス) [海外雑記]

 M君は、私をホテルまで送って行かなければならないので、エゼル公園のアトミウム1.jpgビールの代わりに炭酸水のペリエを自分でコップに注ぎ、『ナガさん住んでいたアパートは、ブリュッセルでしたよね?』と私に尋ねながらペリエを一口飲んだ。

『ええ、昔万国博覧会のために建設されたアトミウムがあるエンゼル公園の近くでした。』と私が答えると、『ブリュッセルにはグランプラスがありますよね。』とM君が話を向けてきた。

『ええ、ブリュッセルには、中世の香り漂う市庁舎や職業別組合ギルドの美しい建物に囲われたグランプラスがあります。グランプラスa.jpgその周りには荘厳なゴシック建築の聖ミッシェル大聖堂や、ルーベンス、ブリューゲルが見れる王立美術館などもあり、元祖“小便小僧”もありますね。』

『1度行ってみたいな、ムール貝やワッフルも食べたいし。』とM君。

『バケツで出てくるムール貝やベルギーワッフルも有名ですけど、ベルギーは、チョコレートやビールでも有名ですね。日本でGodivaと云えば皆知っていますが、それ以外にもGallerやMary、Cote d‘Orなど幾つか王室ご用達の美味しいチョコレートがあります。ムール貝c.jpgビールはベルギーが世界一種類が多いって言われています約800種類あるそうです。ブリュッセルのレストランやカフェでは、水(ミネラルウオーター)よりビールのほうが安いんですよ。』

 ブリュッセルの説明をしている間に、私はある事をふと思い出しM君に、『そうそう、グランプラスの小便小僧は有名ですけど、結構知られていないモニュメントがあります。グランプラスを挟んで反対側に、なんだかわかりますか?』とM君に質問した。

M君が、『わかりません、なんだろう、教えてください。』と答えたので、小便少女Bruxelles a.jpg『なんと“小便少女”があるんです、“小便小僧”と反対側、ブシェール通りの路地に。私も見ましたが、あまり関心できなかったな。』と云うと、『なぜですか?』とM君。

『しゃがんでるんですよ、まあ当然ですけど、それに顔がなんとなく東洋人でした。何か人種差別みたいな感じを持ちました、考え過ぎかも知れませんが。』と答えると、『それはあるかも知れませんね、オランダ人もヨーロッパでは反日感情強いですから。』とM君がうなずいた...


nice!(151)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。