So-net無料ブログ作成

懐かしきベルギー (ドイツ ボン) [海外雑記]

 『その日は、日本から知り合いの同僚が出張でベルギーに来ていたので、大聖堂Bonn_Muenste.jpg休みにベートーベンの生誕地、シューマンの終焉地、ボンにでも行き、観光でもしてお土産でも買おうと云うことになりました。私は、ベルギーに来てから既に3ヶ月を過ぎていたので、すっかり生活にも仕事にも車の運転にも慣れた頃で、同僚が泊まっているホテルに朝7:00頃ピックアップに行きました。休日の朝で、道路もそれほど混雑しておらず、ブリュッセルを出てE40を快調にアーヘンに向けて飛ばしました。』

 『ベルギーの高速は、制限時速が130Kですが、どこの国でも同じで、追い越し車線を制限時速を越えて飛ばしてくる車もあります。ドイツ高速.jpgそのような時は、内側車線に避けるのですが、内側車線は礼儀正しいトラックが時速90K程度で走っています。トラックの後ろに付くと急にノロノロ運転になり、しばらくするとイライラしてきました。そこで追い越し車線に出て、130Kまでスピードを加速すると、またまた後ろから車が追いかけてくるのがバックミラー越しに見えたので、アクセルを踏んで加速しました。ところがなんと、覆面パトカー.jpg追いかけてきた車が突然ブルーのクルクル回ライトを屋根に付けたのです。』

『え!! それって覆面パトカーですか。ベルギーにも覆面パトカーいるんですね。それで?』とM君。

『しまったと思った時は、覆面パトカーはみるみる私の車に近づき、止まれの合図をして来ました。私は路肩に車を寄せ、車から降りました。ドイツのお土産ビールジョッキ.jpg覆面パトカーから2人の警察官が降りてきて、一人が私になにやら話しかけて来ました。実際何を云っているのか分からなかったのですが、このような状況では、当然免許書を求めていることは察しが付きますので、免許書とパスポートをポケットから出し渡しました。すると、警官は免許書とパスポートを確認した後、またなにやら話しかけてきました。今度はスピード違反なので罰金を払ってくださいと云っているのが分かりました。私は、日本人で道路事情が良く分からなかったなどと、下手な英語で見苦しい言い訳をし、平謝りに頭を下げましたが、許してくれるわけもなく、ボン市街.jpgその場で56ユーロの罰金を払わされました。』

『それは、お気の毒。それでボンには行ったのですか?』とM君。

 『ええ、行きました。一緒に乗っていた同僚には罰の悪いところを見せてしまいましたけど、観光してお土産を買う約束になっていましたから。でもその日は、一歩間違えば罰金ではすまない事をしてしまいました...』


nice!(183)  コメント(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

懐かしきベルギー (ドイツ デュッセルドルフ) [海外雑記]

 『郊外でネアンデルタール人が発掘されたデュッセルドルフは、デュッセルドルフケーニヒスアレー.jpg車でケルンと30分ぐらいしか離れておらず、ブリュッセルからはケルンと同じ高速E40を使い、アーヘンから高速44に入れば行けます。』

 『日本から出張者が来たとき、デュッセルドルフのカーニバルを見に行った事があります。この街のカーニバルはケルンと並んで有名で、前年の11月11日11時11分、カーニバルの精霊ホッペディッツの目覚めとともに開幕します。カーニバル.jpgしかし翌日から年明けの1月5日まで休みとなり、2月の街中をめぐる山車のパレードでクライマックスを迎えます女性が仮装して市長舎に押しかけ、1日街の支配権を握り、男性のネクタイをハサミで切ったり、男性にキスする女性無礼講の日もあります。』

 『その日はネクタイしないほうがよさそうですね。キスはされてもいいですけど。』とM君。

 『そうですね。それ以外に、男性が女装して市内のメインストリートを駆け巡る障害物競走や、カーニバル2.jpg仮装行列、ビール樽運び競争などもあります。でもカーニバルのメーンイベントでは大パレードで、デュッセルドルフの中心街を5Kに渡り何十台もの山車や、楽隊が口々に“Helau”と挨拶を交わしながら賑やかに練り歩きます。お菓子やおもちゃ、テイッシュや飴などたくさん投げてくれます。

 『面白そうですね。』と再びM君。

 『ええ、カーニバルはドイツ最大の行事ですから。でも少し行き過ぎな所もあります。デュッセルドルフケーニヒスアレー(目抜き通り).jpg街中に置かれたスピーカーから大音量でダンスミュージックがかかっているのはいいのですが、皆ビールを飲むので、街中ビール瓶の欠片が散乱しているんです。とても環境に熱心なドイツとは思えません。』

 『その日は、夕暮れを迎えてから帰路に付いたのですが、ドイツの高速道路(アウトバーン)は照明が無いのでヘッドライトの明かりを頼りに走ります。ところどころに鹿注意の標識が見えますし、ライン川とデュッセルドルフの町並.jpgアウトバーンとは云え、暗くなるととてもスピードは出せません。ドイツの国境を越えベルギーに入った時分かるんですが、ベルギーの高速は日本のように明るいんです。ドイツへ行った時は、いつも国境を越えた瞬間、ああ~わが街に帰ってきたという感じを持ちました...


nice!(182)  コメント(48)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マレーシア出張(帰国) [海外雑記]

 午後は、突然の豪雨.JPG4:00頃まで打合せを行い、途中夕食を食べてから飛行場に向かう事になった。しかし夕食を食べるにはまだ早い時間で、予約していた日本食レストランはまだ開店しておらず、俄かに雨も降ってきたため時間潰しもかねて、私たちはレストランの近くにある大きなショッピングモールに入った。『今は乾季ですよね?』と、私がKさんに聞くと、『はい、乾季なはずですが、雨がよく降りますね。最近、雨季、乾季の区別がなくなっています。』とKさん。私は、ペナンショッピングモール.jpgのローカルからも同じ話を聞いた事を思い出し、『この国も温暖化の影響を受けているんでしょうかね。』とKさんに云った。

 私達は、ショッピングモール1階の食品売り場に行き、お土産になるような物を見て回った。果物売り場では、マンゴ、パパイヤ、スターフルーツ、マンゴスチンなど熱帯のフルーツが並んでいた。その中で特別に専用の台車で売られているドリアンが目に入った。看板には、ドリアンショップ.JPG幾種類ものドリアンの写真が張られ、台の上にはパックされたドリアンが山になっていた。ドリアンは品種がある。マレーシア産では、“D24”が美味しく、甘い香りとクリームチーズのような食感がある。私は甘い香りが漂うドリアン売り場を横目で見ながら、乾物類の並んでいる棚を見て回った。同僚のS君が『日本のインスタント食品がありますよ。日本では、買占めされて売り切れているので、インスタントラーメン.jpgお土産に買って行きます。』とインスタントラーメンを手に取った。私は、わざわざマレーシアまで来て、日本のインスタントラーメンを買おうとするS君に、『インスタントラーメンの逆輸入ですか、そこまでしなくても。』と云って笑った。

 夕食を済ませ、KL飛行場に着いたのは午後9:00頃で、私達は、お世話になったKさんとSさんにお礼を云ってチェックインを済ませ、イミグレを通って待合室に入った。待合室では、KL空港ロビー.jpg同じ飛行機に乗ると思われる年配の日本人団体客が既に搭乗を待っており、日本語が飛び交っていた。何気なく聞こえて来る話から、彼らはマレーシアで暮らすため、数日前にこの国を訪問し、今日、日本に帰国する事が分かった。私は、彼らの多くがマレーシア訪問中に起きた震災のニュースを聞いて、この国に住む事を決めた人もいるのではとふと思った...


nice!(188)  コメント(45)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マレーシア出張(KL2) [海外雑記]

 翌朝は、ホテルの庭.jpg7:30にモーニングコールを頼んでいたが、昨日午前2:00頃寝たに関わらず、その日は鳥の声で目が覚めた。マレーシアの朝は、赤道に近いため年間を通して7時前後と変わらない。顔を洗い、朝食を食べにレストランに向かったが、明るくなってから見るホテルの庭はプールを中心に広々としており、よく手入れされた花壇には、珍しい熱帯の花々が咲いていた。

 レストランもその庭の横にあり、テント風に造られた高い天井にはぐるりと高窓が配置され、まだやさしい朝の光が室内に差し込んでいた。私が席に着くとまもなく、長い柄の大きな網を持ったボーイが現れ、天井を見上げている。ホテル庭の花1.jpgその目の先には建物に迷い込んだ野鳥が、高窓にぶつかっては弾かれ、またぶつかる様が見て取れた。その様子を朝食を食べながら見ていた私は、改めて自分が被災した日本には居ないことを感じた。

 その日は、ホテルから20分ほど離れた会社を訪問し、午前中の打合せを済ませた後、昼はSさんの誘いで近くのキャンティーンに行くことになった。キャンティーンではSさんが、バク朝食のレストランにて.jpgテーをはじめ比較的日本人の口に合う料理を数皿注文してくれた。私は、バクテーがあまり好きではなかったが、KLのバクテーは美味しいとも聞いていたので、テーブルに出されたバクテーをスプーンですくい一口食べてみた。しかしその味は私の予想を外し非常に美味しく、私はSさんに、『美味しいですねバクテー、ペナンとは違います。』と感想を述べた。Sさんは、『そうでしょう、ここのバクテーは特に美味しいですよ、そのドライバクテーも食べてください。』と進めてくれた。私は進められるまま、ドライバクテーも口に運んだが、さらに美味しドライバクテー.jpgいのに驚いた。

 食事をしていると、どこからか甘いにおいが漂ってきた。ふと振り向くと、後ろのテーブルでドリアンを食べている。『ドリアン売っているんですね?』とSさんに聞くと、『ええ、まだ少し早いですけど売っています。食べますか?』と聞き返してきた。『ええ、大好きです。』と答えると、『待っていてくだドリアンの店.jpgさい。』と云ってSさんは、外に見えるドリアンの店に歩いて行き、暫くして大きなドリアンを1つ持ち帰ってきた。

 果物の王様と言われたドリアンは、外皮は硬い棘で覆われ、強烈な腐敗臭があり、ホテルや機内には持込み禁止となっているフルーツだ。また、飲酒しながら食べると死ぬと云われており、私もペナン在住時代は、何度もローカルの人達に注意されたが、幸いまだ死んでいない。そのドリアンを私は二つに割り、中に入っている種子を口に入れた。ドリアンの中身.JPG甘いクリーム状の果肉は、食べた瞬間いいものだとすぐ分かった。私はSさんに、『とても美味しいですこのドリアン、高かったのでは?』と聞いてみた。Sさんが、『一番いいのを買ったので70RM(約¥1800)でした。』と答えたのを聞いて、同僚のS君が、『ええ~高いですね、ここの昼食代より高いのでは!!』と頓狂な声を上げた。

 


nice!(184)  コメント(43)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。