So-net無料ブログ作成

インドネシア出張5(カラオケ) [海外雑記]

 その店に入るとアントンさんは受付係となにやら話していたが、暫くして案内係らしき女性が私達のそばに来て軽く会釈した後、私たちの前を先導して歩きだした。案内された部屋は広く、ソファーに座ると間も無くビールやワイン、おつまみやフルーツが運び込まれて来た。それと同時に、黒いスーツを着たママらしき30代前半と思われる女性が入ってきた後、ぞろぞろと派手なドレスを着た女性が十数人入ってきて正面に並んだ。

 アントンさんが、『どうぞ相手を選んでください。』と私に促したが、並んでいる女性から一人を選ぶのは勇気がいる。選びかねていると、迷っているのを助けるようにアントンさんが、『右から2番目、白いドレスの娘はどうですか?』と進めてきたので、意中の娘ではなかったが『ええ』と答えてしまった。

 アントンさんが選んでくれた女性は、私の隣に座り何やら話しかけて来たが全く分からない。片言のマレー語で、『スラマッブタン(こんにちは)。ナマ サヤ ナガ. シアバ ナマ アンダ?(私はナガです。あなたの名前は?)』と聞いてみた。彼女は理解したのか、『ナマサヤ ルディ(私の名前はルディです)』と答えて来たが、その後の会話は続かない。今更ながら、マレーシアに赴任しながらマレー語を覚えなかった我が身を悔やんだ。

 私達の会話が続かないと察したアントンさん、テーブルに置いてあるティシュペーパーを1枚とり、部屋にいる女性達に何やら説明しだした。そして、『ティシュペーパー口渡しゲームをやります。左隣の女性が銜えたペーパーを口だけで掴んで引きちぎり、右隣の女性に口だけ使って渡してください。ペーパーが小さくなり、取れなくなったら負けです。』と私たちに説明。『負けたらどうするのですか?』とS君が聞くと、『自分のお酒を全部飲んでください。』と答えると、開始の合図を1番目の女性に送った。

 最初は皆、ティシュペーパーを少し唇に挟んで、ビリビリと引きちぎっては隣に差し出していたが、アントンさんの番になると、女性と唇が触れるぐらいティシュペーパーを口で挟んで一気に引きちぎった。さてさて次の女性、恨めしそうにアントンさんを見て、そーっと唇をアントンさんに近づける。それを見ている女性陣、きゃあきゃあ、わいわい囃し立てる。その後次々とアントンさんはゲームを提案、部屋中大いに盛り上がる中、ジャカルタの夜は更けていった...

 追記:遊びに夢中になり、不覚にも写真を撮るのを忘れたため、この記事には写真を掲載しておりません、ご容赦ください。


nice!(65)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

インドネシア出張4(紙幣と苗字) [海外雑記]

 話しも盛り上がってきた頃、インドネシア銀行.jpgS君が財布からインドネシアのお札10万ルピアを数枚取り出し、『友達から選別で貰ったんですけど、これ使えますか?』とアントンさんに渡した。アントンさんはお札を手に取って『ああ、残念ですがこのお札は古いので使えません。』と答えた。『え~、全く使えないのですか、それでは銀行で交換してくれますか?』と驚き顔のS君。『だめですね。既に交換期限は過ぎています、交換してくれません。記念にしかなりませんネ。』と云ってから、10万ルピア.jpgアントンさんは話しを続けた。『インドネシアでは、しばしば紙幣が新しくなります。新しい紙幣が出たら、早く古い紙幣は使ってしまう事です。でも、古い紙幣は受取る方も嫌がるし、お釣りにわざと古い紙幣を入れて渡される事も有ります。まるでババ抜きですね。』と云って苦笑いをした。インドネシアの家族.jpg 

 せっかく貰った紙幣が使えないと分かったS君は、コップのビールを一気に飲み干し、『アントンさん、インドネシアでは苗字が無いと聞きましたが、そうなのですか?』と別の質問を投げた。『ええ、ほとんどの人は苗字を持っていません。スカルノ大統領もスハルト大統領も苗字はありません。私の名刺には、“Eko Yuli Anton”と書いて有りますが“Eko”も“Yuli”も“Anton”も全て名前で、タマリン通り.jpg苗字ではないのです。従って私達には家系は有りません。日本人のように生まれた子供が、父の姓を名乗ることは無いのです。』とアントンさんが説明してくれた。 

 お腹も一杯になり、日本食レストランを出てホテルに帰ろうとした時、アントンさんが私たちに、『まだ早いので、もう1軒行きましょう。』と誘ってくれた。私は、『いいえ、もう充分頂きましたから、結構です。』と答えたが、カラオケラウンジ.jpg『まあ、そう云わずに。』と云って待たせていた車のドアを開けた。私達が車に乗込むと、アントンさんは助手席に乗込み、運転手になにやら行き先を告げた。 車は夜のジャカルタを渋滞を避けながら数十分走った後、派手なネオンですぐそれと分かるカラオケの前で止まった... 

(追記)私事で暫く日本を留守にします。その間記事は予約投稿で掲載させて頂きますが、頂いたNice、コメントには返信できないのでお許しください。


nice!(52)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。