So-net無料ブログ作成
海外情報 ブログトップ

足マッサージ(脚按摩) [海外情報]

 「痛い、痛い、痛い!!」 足に激痛が走り、思わず叫ぶ。小姐(女性)はにこっと笑い「痛吗?」と聞いてくる。私はうなずいて「痛」と答える。「知道了」と云って足を揉む小姐の指先の力が緩む...

脚按摩部屋.jpg ここは中国東莞にある足マッサージの店。取引先の玉さんは、食事の後何時もこの足マッサージに連れて行ってくれる。そもそも足など凝っていないし、最近やっと腫れが治癒した左足の事もあり、あまり気乗りはしないのだが、そこは“No”と云えない日本人の血を引く私、玉さんに「マッサージ行きましょう」といわれ、「そうですね、行きましょうか」と答えてしまっている...

  玉さんが連れて行ってくれる足マッサージは、地元でも人気があり裕福なローカルが多く来るお店。入り口を入ると受付があり、「欢迎光临」と綺麗なドレスを着た数人の女性に挨拶される。受付で部屋の大きさやマッサージ時間などを告げると、案内係りが部屋まで案内してくれる。部屋にはゆったりとした大きな椅子が並んでおり、椅子の前には足置きが置いてある。

靴と靴下を脱ぎ、深々と椅子にもたれて居ると、手に籠を提げた小姐がどやどや入ってきた。入って来るなり、何かしゃべりながらマッサージの準備に入る。足置きをどけると足が洗えるシンクが出てきて、そのシンクにビニールを敷きザブザブとお湯を入れる。足置きにタオルを数枚重ねて敷いた後、足をシンクの中に入れろと促す。恐る恐る足をシンクに漬けるのだが、結構暑い。足をシンクに漬けたまま、頭や肩、背中や腰のマッサージが始まる。足マッサージと云いながら、全身マッサージをしてくれるのだが、これはサービスなのかよく理由がわからない。脚按摩.jpgしばらく体を揉まれている間に、すっかり足もふやけて来ると、次は足を洗いだす。 足の指先から付け根まで丁寧に洗った後は、タオルで拭いて、いよいよ足マッサージ開始。

 この足マッサージ、ただ揉むだけではなくいろいろなテクニックや薬剤を使う。それを見ているだけでも面白いのだが、揉んでいる小姐は妙に明るくて、働いている間もべらべらしゃべっている。その会話に片言の中国語を使って参入すると、「你是日本人吗?」と聞かれた。それからは片言の中国語を駆使し、「どこの生まれ」「幾つ」「家族は」の質問を連発すると、会話は大いに盛り上がる。しかしこの小姐達、とにかく明るい。生まれは中国内陸部の湖南や湖北、河南、安微など、農家の出身が多く、年は20~25才ぐらい、国が一人っ子政策を執っているわりには、聞くと必ず兄弟がいる。マッサージで得る収入は、80分1回につき5~10元(約75~150円)程度、1日100元稼げるかどうかなのだが...

 カメラを持ていたので、マッサージを受けながらカメラを小姐に向けた、小姐は「不行(ダメ)」と云って手で顔を隠したが、写したのが分かると「看請(見せて)」と云ってきた。そこで写した画像を見せると、げらげら笑いながら他の小姐に見せた後、「不要」と云ってカメラを返して来た。消せと云うことだと分かったが、無視してまたカメラを小姐に向ける。すると今度は顔を手で隠さない、気のせいか澄ましている。数枚シャッターを切ると、また「看請(見せて)」と云って来た。見せると、またケタケタ笑い皆に見せる。今度は隣の小姐にカメラを向けると、ポーズをとってきた。それやこれやで写真を撮っては見せていると、部屋は笑いの渦で小姐も大騒ぎ。そのうちマッサージの手も止めて小姐同士で2ショットを要求してくる始末。

 そんなわけで、マッサージを受けながら中国語レッスンとスナップ撮影を楽しんでいる間に、あっという間に80分がすぎていく。そろそろ時間かなっと思った頃、隣で玉さんのマッサージをやっていた小姐が、カメラを貸してくれと云ってきた。また見たいのだろうと思って、「はい」と云って渡したら、なにやらカチャカチャいじっている。 「ん? 何してる」って聞いたら、カメラを私の顔の前に出し、「1、2、3!!」と云って何かのボタンを押した。一瞬不吉な予感がよぎり、カメラを取り上げて写真を確認。 なんと、なんと、1枚の写真も残っていない!! やられたと思い小姐の顔を見ると、してやったりの何ともいえない笑みを浮かべている...

(追記)写真が全て消去された為、このページに載せた写真は、この話とは無関係なのでご容赦ください。


nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

偽物 [海外情報]

購入DVD.jpg 私は中国に出張する時、時々DVDを購入してくる。理由は云うまでも無く日本で購入するより安いからである。

 知っての通り、DVDとそれを再生する機器にはリージョンコードなる物があり、日本は2、中国は6と決まっている。DVD店2.jpgこれはDVDの再生可能地域を限定しているのだが、私はかって中国でリージョンコード6が付いたDVDを見たことが無い。つまり中国で売っているDVDはすべてリージョンフリーで、どの国の機器でも再生できる。では、中国で売っているDVD再生機器はどうかと云うと、これもすべてリージョンフリーである。以前、私は中国でDVDプレーヤーを購入したことがある。購入する時、店員にこのプレーヤーはリージョン2の日本で使えるかと聞いたら、何を云っているんだと笑われた事があった。コピー版DVDの棚.jpg

 すなわち、中国で売っているDVD(最近はBDVも売っている)は、すべてリージョンフリーで、どこの国の機器でも再生できる優れものであり、そしてディスクのほとんどはコピー版である。これらのディスクでもランクがあり8~20元(120~300円)と値段も違う。最新DVD.jpg

 中国の大きなDVDショップには、必ずと言っていいほど日本版のDVDが有る。それらのDVDのほとんどは、日本で売られているDVDのコピーと思われるが、中には日本でも発売されていないTVの連続ドラマをDVDにした物もある。

 そもそもこの国の多くの人々は、ビデオテープなるものを知らず、VHSや8ミリビデオを知る前に、いきなりDVDを購入した人たちである。街にはDVDのコピーが溢れており、自分で映像を録画すると言うような習慣は無い。従ってこの国では、ほとんど録画用の機器は売れておらず、再生機器がメインである。もし日本でも録画した映像が近所のショップで安く売られていたら、わざわざ高い録再機器を買う人は少ないかも知れない。

 偽物というのは、本物があると知っているからそう呼ぶのであり、もし本物を知らなかったら、偽物とは呼ばれないのでは。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

東莞雑記 [海外情報]

 中国アパート 005.jpg最近中国の深せん、常平、東莞を訪問したが、その変化は相変わらず激しい。

数年前、深せんでは当たり前だったタクシードライバーの保護用網が、今はほとんど見られない。それだけ深せんは安全になったのだろう。走っている車も新車が目立ち、メイン道路はシンガポールのように整備されており、ごみ一つ落ちていない。ただし、ごみが無いのはマナーが良くなったわけではなく、掃除する人を多く雇っているだけだが。

TAX.JPG反面、深せんのような大都市から少し外れた東莞などは、まだまだ治安が悪いのかタクシーのほとんどがドライバー保護用の網を付けて走っている。不思議なのは、現地の人がTAXに乗る時、後ろの座席に乗らず、わざわざ運転席の隣に座るの事だ。現地の友人に何故か聞いたら、景色が良いからとの答えが帰ってきた。

この街では、タクシードライバーが被害にあうだけではなく、常平夜.JPG当然だがTAXに乗った乗客も被害にあう。最近同僚がシロタクに乗ったところ、知らない場所に連れて行かれ、スタンガンで脅されて現金や貴重品を奪われたとの話を聞いた。シロタクは被害にあうリスクが高いのも事実だが、公共のTAXでも夜になると偽者がいるので安心できない。心配ならホテルやお店の人にTAXを呼んで貰うのが良いだろう。

それでは、そんなに物騒かと言えばそれほどでもなく、夜遅く人通りがある通りを歩いているぐらいでは滅多に犯罪に巻き込まれることはない。常平昼.JPGただし日本のように、女性が口の開いたバッグに財布や携帯を入れて歩いたら、ここでは間違いなくスリに逢うので注意が必要。

昼間の街は、ビルが建ち並ぶ道路沿いで果物や花を売る屋台が並び、どこかの店から“歡迎光臨”と呼ぶ声がする私の好きな街である。


海外情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。