So-net無料ブログ作成
仮想空間 ブログトップ

仮想現実空間への旅 [仮想空間]

最近、私が見ていたあるブログが終了しました。名前は“PSHomeスタディ”、ベネチア風パソペにて.jpg大人も楽しめる仮想現実空間をテーマにしたブログでした。私のブログを見てくれる、ほとんどの人がその世界を知らないと思いますので、少しその世界の紹介をさせてください。

私がこの仮想現実空間を知ったのは、TVで見たゲームの画像があまりにも綺麗だったのがきっかけでした。私は早々にゲーム機を購入し、ベニス風の部屋.jpgそのゲーム機に付いているさまざまな機能を試している内に、この仮想現実空間に迷い込んでしまったのです。その空間は、バーチャルリアリティの世界で、自分が作ったアバターと呼ばれる自分自身の分身が、TV画面の中に作られたさまざまな仮想空間で、現実とは異なる体験をする世界です。

その仮想空間では、別荘の夕日.jpg同じ世界を共有する多くの人達(アバター)とコミュニケーションが出来、それらの人達と知り合いになれば、その人が現実にはどこに住んでいる人であっても、その仮想空間でいつでもコミュニケーションをとる事ができ、その空間での経験を共有できるのです。

また自分の化身であるアバターを好きな顔、キッチン.jpg好きなスタイルにして自分の気に入った服を着せたり、アバターが住む部屋、家具などを手に入れて、自分の好みのスペースにし、友人をそこに呼ぶ事も出来るのです。

その仮想空間を別の例えで説明するとしたら、それは夢の世界に似ているかも知れません。夢の世界では、現在や過去、未来の世界に自分自身が登場し、現実の世界とは異なる体験をします。パソペ訪問.jpg夢の中では、自分自身が理想とする人間で登場したり、嫌な人間で出てきたりもします。

この仮想空間では、自分の化身であるアバターを使ってさまざまな人間を造ることができ、そのアバターを使って未来や過去、架空の世界を自由に移動することが出来ます。夢は、嫌な夢もあれば、もう一度見たい夢もありますが、しかし自分の意思では、それらの夢を選ぶことはできません。しかしこの仮想現実空間は夢と異なり、昨日と同じ場所に行き、同じ人に会うことが出来るのです。ロコアイランド.jpg

残念なことに、現在の仮想現実空間は、人間の五感である“視覚”“聴覚”しか感じることが出来ず、“触覚”“味覚”“臭覚”が体験できません。しかし近い将来、TV画面ではない世界で、人間の脳に直接アクセスし、“触覚”“味覚”“臭覚”も感じる事ができる仮想現実空間が必ず出来ると思います。人間の五感を体験できる仮想現実空間が出来れば、私達は家にいながら、まだ行ったことがない地球の果てから、宇宙の果てまで旅を楽しむ事ができるようになります。そして、私たちはそこで現実とは異なる社会を作り、現実とは異なる人生を楽しむことが出来るかも知れません。

(追記)私が紹介した仮想現実空間“PlastationHome”は、ソニーのプレイステーション3を購入すると付いてくるソフトで、Plastation3を使う人達のコミュニケーションツールとして開発されました。

*この記事を、“PSHomeスタディ”の管理人お気楽さんに捧げます。また、昨日の地震、津波、火災により被害を受けた方々に心からお悔やみ申しあげます。


仮想空間 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。